資材紹介

医療関係者が使用する患者説明用資材

ヌーイックをご使用になる方とそのご家族への説明用資料サムネイル画像

ヌーイックをご使用になる方とそのご家族への説明用資料

本資材は、主治医がヌーイックをご使用になる方とそのご家族の方へ本剤について説明するための資材です。ヌーイックの特徴、使用方法、副作用、保存・廃棄方法などのヌーイックに関する基本的な内容が説明できます。また、有効性や安全性の結果についてもまとめられています。

監修 嶋 緑倫 先生
奈良県立医科大学 血栓止血研究センター センター長

A4 42頁
ご利用の場合は弊社MRまたは学術部にお問い合わせください。

お問い合わせ

患者さん向け服薬指導資材

ヌーイックをご使用になる方とそのご家族の方へサムネイル画像

ヌーイックをご使用になる方とそのご家族の方へ

本資材は、ヌーイックをご使用になる方とそのご家族の方へ、ヌーイックを使用するにあたり知っていただきたいことをまとめた資材です。ヌーイックの特徴、使用方法、副作用をはじめ、治療を行う上での留意事項や、保存や廃棄の仕方などがまとめられています。

監修 嶋 緑倫 先生
奈良県立医科大学 血栓止血研究センター センター長

A4 20頁
ご利用の場合は弊社MRまたは学術部にお問い合わせください。

お問い合わせPDFダウンロード
DIARYサムネイル画像

DIARY

最近、血友病の治療は個々の方々のライフスタイルや出血の程度、関節の障害の程度などにより、最適な治療が行われるようになっています。
本資材は、最適な治療方針を決めるために必要な、注射の状況、出血の状況、出血に対する処置などについて、血友病の方やご家族の方が記録できるように作成しました。また、外出先での急な受診にも対応できるように、緊急連絡先や検査結果も記載できるようにしています。

監修
嶋 緑倫 先生
奈良県立医科大学 血栓止血研究センター センター長
武山 雅博 先生
奈良県立医科大学 小児科 准教授


A5
ご利用の場合は弊社MRまたは学術部にお問い合わせください。

お問い合わせ
ヌーイック®静注用 溶解・注射方法サムネイル画像

ヌーイック®静注用 溶解・注射方法

ヌーイックは、在宅自己注射することが可能な薬剤です。本資材では、ヌーイックの在宅自己注射の手順や注意事項を、イラストを用いて分かりやすく掲載しています。

監修
酒井 道生 先生
宗像水光会総合病院 小児科部長
小野 織江 先生
元 産業医科大学病院 看護部・血友病センター 看護師

柏原 やすみ 先生
産業医科大学病院 看護部・血友病センター 看護師


A4 28頁
ご利用の場合は弊社MRまたは学術部にお問い合わせください。

お問い合わせPDFダウンロード
ヌーイックQ&Aサムネイル画像

ヌーイックQ&A

本資材は、ヌーイックをご使用になる方にヌーイックをより詳しく知っていただくために作成した資材です。ヌーイックの特徴や使い方、安全性、保管・廃棄方法など知っていただきたい内容や疑問に思うことをQ&A形式にまとめています。

監修 嶋 緑倫 先生
奈良県立医科大学 血栓止血研究センター センター長

A5 16頁
ご利用の場合は弊社MRまたは学術部にお問い合わせください。

お問い合わせ

患者さん向け疾患啓発資材

血友病について知りたいことサムネイル画像

血友病について知りたいこと

血友病の治療は主治医の先生が決めますが、血友病の方やご家族の方の意見も尊重されて、治療に反映されます。そのため、本資材は血友病の方やご家族の方が血友病についてより理解を深めていただき、自分に合ったよりよい治療法を主治医の先生と話し合うことができるように作成しました。
内容としては血友病に関する基本的な情報をまとめており、「なぜ出血したときに血が止まりにくいのか」、「なぜ血友病になるのか」、「どのような症状があり、どのような治療があるのか」、「なぜインヒビターができるのか」などの疑問について分かりやすく解説しています。
また、各ライフステージで注意すべきことについても掲載しています。

監修 嶋 緑倫 先生
奈良県立医科大学 血栓止血研究センター センター長

A5 28頁
ご利用の場合は弊社MRまたは学術部にお問い合わせください。

お問い合わせ
僕はひとりじゃないサムネイル画像

僕はひとりじゃない

最近は血友病と診断されると早期に治療が開始されます。小さい時は親が定期的に注射するため、ほとんど出血時の痛みを感じないまま成長します。しかし、自分で注射をするようになると、出血による痛みを経験していなかったり、病気のことをきちんと理解していなかったり、出血するとやがて血友病関節症になることを知らなかったりするため、注射をきちんとしなくなることがあります。この資材は自分で注射を始める前に、血友病という病気のこと、遺伝のこと、関節症のことを理解し、注射の大切さを理解してもらうために作成しました。自己注射を始める前の小学校高学年の方でも理解しやすいようまんがにしています。 このまんがの最後に、主人公は家族や友達、主治医の先生方の協力があることを理解し、「僕はひとりじゃないっ」と気づきます。

監修 天野 景裕 先生
東京医科大学 臨床検査医学分野 教授

A4 32頁
ご利用の場合は弊社MRまたは学術部にお問い合わせください。

お問い合わせ
Background